歌手になるには|オーディション編

  • TikTok
無料体験レッスンのお申込み フリーダイヤル 0120-545-658 お問い合わせは10:30–21:00

歌手になるには|オーディション編

歌手になるには、自分の才能や実力を示し、音楽レーベルやプロデューサーに認めてもらう必要があります。
歌手になる方法はいくつか考えられますが、そのなかでも一般的なのが「オーディション」を受けることでしょう。
オーディションは「次に歌手になれる逸材」を探すためのイベントであり、多くのアーティストにとっての出発点となっています。
歌手になるにはたくさんのオーディションを経験して、自分を高めていくことがおすすめです。
こちらでは歌手になる方法の一つであるオーディションについて、詳しく解説します。

歌手になるには

歌手になるには、一般的に以下のような方法が考えられます。

・オーディションに合格する
・ライブハウスなどで活躍してスカウトされる
・SNSや動画サイトで有名になる
など

上記のようなルートから、歌手になることが可能となっています。
いずれの方法でも歌手になるためには「歌の上手さ」や「作曲のセンス」などから、ほかの誰にもないものを評価される必要があるでしょう。
オーディションはその誰にもない自分だけのオリジナリティをアピールできる場であり、プロの人に評価してもらえるチャンスとなっています。
そのため無名から歌手デビューを目指すことができ、実力と運があれば大きく飛躍できるきっかけにできるでしょう。

オーディションで歌手になる方法

オーディションとは、特定の会場や日時に歌手を目指す人たちを集めて、その実力を審査するイベントのことです。
大手音楽プロダクションが主催し、オーディション合格後は一般的にその事務所に所属することになります。
事務所に所属することで音楽シーンでプッシュしてもらうことができるため、歌手としてデビューできる可能性が高まるでしょう。

オーディションはさまざまなタイミングで開催され、インターネットや音楽雑誌、音楽イベントサイトの告知などで詳細を確認することが可能です。
こまめに情報収集をして、参加できるオーディションが開催されていないかチェックしてみるといいでしょう。

オーディションを受けるための準備

歌手になるためにオーディションを受けるのなら、事前に準備をしておくことがおすすめです。
以下からは、オーディションで歌手を目指す場合にチェックしておきたい準備を紹介します。

オーディションの基本的な流れを知っておく

歌手のオーディションの流れは、基本的に以下のようになっています。

①オーディション情報を確認する(参加資格、応募方法、日程など)
②書類審査に応募する(音源や履歴書を送付する)
③書類審査に合格後、実技試験を行う(実際に会場に出向いて、審査してもらう)
④合否判定を受ける

上記の流れで合格後、音楽プロダクションに所属してレッスン等を行い、歌手デビューを目指します。

どの曲で勝負するか考える

オーディションには全国から多くの人が参加するため、一人一人の審査にかけられる時間は限られています。
そのため審査員はインパクトの弱いものは、簡単にスルーしてしまうでしょう。
だからこそ自分の良さをもっとも引き出せる曲を選び、いかに短時間で魅力を伝えることがポイントです。
自分の歌の魅力が何なのか、それを正確に伝えられる曲がどれなのかを考えることが、オーディション合格につながる第一歩になるでしょう。

応募書類の写真にも力を入れる

「オーディションに合格するには歌さえ上手ければそれでいい」と考えてしまい、応募書類の写真に力を入れていない人は意外と多いです。
しかし、応募書類の写真は審査員の第一印象を決めるため、可能な限り綺麗で写りの良いものを選びましょう。
男性でも女性でも、明るく清潔感のある写真を選ぶことで、応募時の好感度は上がります。
奇抜なメイクやアプリで加工を施した写真は、その人の本当の姿が見えないため、不合格とされることが多いです。
あくまで自然体の自分の写真を応募することが、歌手オーディションにおける基本となるでしょう。

オーディションを受ける際の注意点

オーディションを受ける際には、いくつか注意しておきたい点もあります。
以下を参考に、歌手になるためのオーディションを受けるときに意識すべきことを把握しておきましょう。

オーディションは続けていくことが大切

歌手のオーディションは、何度も続けて挑戦していくことが大切です。
例え一度オーディションに落選したからといって、自分のすべてが否定されたわけではありません。
もっと自分の実力を磨いていくことで、次のオーディションでは合格に近づける可能性があるでしょう。
何度もオーディションに参加することで、場の雰囲気に慣れることができ、余裕を持って自分の実力を発揮できるようになります。
たくさんオーディションに参加することが合格に有利に働くこともあるので、めげずに続けていくことがおすすめです。

悪徳オーディションに注意

歌手オーディションのなかには、合格を理由に参加者から金銭を騙しとるような悪徳オーディションもあります。 主催している会社の詳細をきちんと確認し、問題のないオーディションであると把握してから受けるようにしましょう。

まとめ

歌手になるには、オーディションを受けて音楽事務所に所属するという方法があります。
オーディションでは自分の歌手としての実力を審査してもらえるので、まずは一度経験してみることがおすすめです。

オーディションで合格を目指す際には、基本的な歌唱能力を持つことが重要です。
ボーカルレッスン教室では本格的な環境で練習を重ねられるので、オーディションに備えることができます。
この機会にボーカルレッスン教室をチェックして、歌手になるための練習をしてみてはいかがでしょうか。

無料体験レッスンのお申込みはコチラ!フリーダイヤル0120-545-658

LINE@体験予約受付中!

キャンペーン実施中
当校生徒がアニメ映画パンドラとアクビ主演!
在校生がSony Muisicよりデビュー!秋元康プロデュース!
オンラインレッスンがスタート!自宅でアバロンのレッスンが受けられる。無料体験レッスン受付中♪

全国の校舎一覧ー School ー

  • TikTok

Amazon音楽書ボイストレーニング部門で1位を獲得した「魔法のボイストレーニング」が評判です。
また、マンツーマンレッスンで丁寧な指導が人気です。
そして、レコーディング機材が充実しているので、デモCDが作れますし、iTunesへの 配信やCD制作も可能です。