家でできるボイトレ|ロングブレス

  • TikTok
無料体験レッスンのお申込み フリーダイヤル 0120-545-658 お問い合わせは10:30–21:00

家でできるボイトレ|ロングブレス

カラオケ上達を目標としたボイトレを行う際には、家で簡単にできる「ロングブレス」がおすすめです。
ロングブレスで息の吐き方を鍛えることができれば、安定した呼吸と共に歌唱ができるようになります。
息はカラオケにおける基礎的な部分になるため、ロングブレスで日々鍛錬することはカラオケ上達につながるでしょう。
こちらではボイトレにおけるロングブレスのやり方や、その効果・コツについて解説します。

ロングブレスとは?

ロングブレスとは、その名の通り一定量の息を長く吐き続けるボイトレです。
ただ息を無理やり吐き続けるのではなく、一定量を安定して吐き続ける技術を学べるので、カラオケの歌唱中に安定感を産むことができます。
歌っている最中に息が続かない、声量がコントロールできないといった場合には、まずロングブレスで息の使い方を覚えることがおすすめです。

ロングブレスの効果

ロングブレスのボイトレを続けることで、以下のような効果を得ることができます。
どんなボイトレ効果を得られるのか先に確認して、練習のモチベーションにつなげていきましょう。

息のコントロールがしやすくなり声量が安定する

ロングブレスは、息のコントロールがしやすくなって声量が安定するというメリットがあります。
ロングブレスでは一定量の息を吐き続けることを学べるため、自分の声量を上手に使って歌が歌えるようになるのです。
無駄に息を出し過ぎたり声をつりあげたりっといった歌い方を直すことができるので、聴きやすい自然な歌声を披露できるようになるでしょう。

声を張り上げなくても通る声が出せる

ロングブレスを続けることで、声を張り上げることなく大きく通る声を出せるようになります。
喉を振り絞って大きな声を出せば、当然その分周囲に届く歌声を披露できるでしょう。
しかし、無理やり張り上げた声は途中でかすれてしまったり、音が割れて聴きづらくなってしまったりします。
そのため特にカラオケという空間の中では、不快感の強い歌声になってしまう可能性があるのです。
ロングブレスを体得すると、もっと自然な形で大きく通る声を出しやすくなります。
つい声を張り上げて歌っしまうという人は、ロングブレスを練習することに意味があるでしょう。

ロングブレスのやり方

ロングブレスのやり方は、基本的に以下のようになっています。

①姿勢を正して鼻から軽く息を吸い込む
②口から吸った息を吐き出す
③一定の量の息をなるべく長く吐き続ける

吸った息は歯と歯の隙間から吐き出すように、スーッと出すのがポイントです。
なるべくお腹から息を出すことをイメージし、吐き出す時間を伸ばしていくことを意識しましょう。
最初は10秒、20秒、30秒単位で息を吐き出し、慣れてきたら1分を目標にロングブレスを行ってみてください。

ロングブレスのコツ

ロングブレスを練習するときには、意識しておきたいコツがあります。
効率良くロングブレスのボイトレが行えるように、以下のコツをチェックしておいてください。

息にムラが出ないようにする

ロングブレスを行うときには、息にムラが出ないように意識して吐き切るのがポイントです。
途中で息が弱まったり強まったりすると、呼吸が乱れて安定した声量が出しづらくなります。
あくまで一定量の息をキープすることを心がけ、吐き出す量が乱れないようにトレーニングしていきましょう。

体の力を抜いてお腹だけで吐き切る

ロングブレスでは、なるべく体の力を抜いてお腹だけで息を吐き切るのがコツです。
お腹にためた息を吐き出すイメージを持つことで、呼吸の量がコントロールしやすくなります。
胸式呼吸だとつい力みが出て吐き出す量が乱れやすくなることがあり、結果的にロングブレスが短くなってしまうでしょう。
お腹に息をためて吐き出すことを意識するのが、ロングブレスにおけるポイントのひとつです。

ロングブレスの注意点

ロングブレスのボイトレを続ける際には、注意点を理解しておくことも重要です。
以下を参考に、ロングブレスを正しく練習できるように備えておきましょう。

腹式呼吸に慣れておく

先述したとおり、ロングブレスではお腹にためた息を吐き出すことがポイントになっています。
そのためには「腹式呼吸」の技術が必要になるので、ロングブレスと合わせて練習しておくことがおすすめです。
腹式呼吸は普段私たちが行っている胸式呼吸と違い、お腹や背中あたりに息を吸い込んで膨らませるイメージで行います。
腹式呼吸もロングブレス同様、自宅で簡単にできるボイトレの一種なので、2つを組み合わせたトレーニングメニューを考えてみるといいでしょう。

毎日の積み重ねで少しずつ吐く時間を伸ばしていく

ロングブレスの効果は、すぐに実感できるものではありません。
毎日少しずつ続けて吐き出す時間を伸ばしていくことで、はじめてカラオケ上達につながるボイトレになるのです。
ロングブレスは特に機材も必要なく、1回の練習時間も数分で十分となっています。
比較的毎日続けやすいボイトレだと言えるので、1日のスケジュールにロングブレスの時間を作ってみることがおすすめです。

まとめ

ロングブレスは、自宅でもできるボイトレとして多くの人が行っています。
慣れればカラオケで長く息を使えるようになるので、気持ち良く歌える技術を身につけられるでしょう。
もしロングブレスを独学で練習するのが難しいと感じるときには、専門のボーカルレッスン教室を利用するのもおすすめです。
ボーカルレッスン教室では一からボイトレを教えてくれるので、ロングブレスを含めた基礎の練習を学ぶことができます。
カラオケ上達を効率良く実現できるので、この機会にプロによる本格的な指導を受けてみてはいかがでしょうか。

無料体験レッスンのお申込みはコチラ!フリーダイヤル0120-545-658

LINE@体験予約受付中!

キャンペーン実施中
当校生徒がアニメ映画パンドラとアクビ主演!
在校生がSony Muisicよりデビュー!秋元康プロデュース!
オンラインレッスンがスタート!自宅でアバロンのレッスンが受けられる。無料体験レッスン受付中♪

全国の校舎一覧ー School ー

東北エリア

東北エリア

九州エリア

九州エリア

東海エリア

東海エリア

オンラインになりました

  • TikTok

Amazon音楽書ボイストレーニング部門で1位を獲得した「魔法のボイストレーニング」が評判です。
また、マンツーマンレッスンで丁寧な指導が人気です。
そして、レコーディング機材が充実しているので、デモCDが作れますし、iTunesへの 配信やCD制作も可能です。