家でできるボイトレ|リップロール

  • TikTok
無料体験レッスンのお申込み フリーダイヤル 0120-545-658 お問い合わせは10:30–21:00

家でできるボイトレ|リップロール

カラオケ上達を目指すときにおすすめできるボイトレのひとつとなるのが、「リップロール」です。
リップロールは自宅でも簡単にトレーニングできるのが特徴で、それでいてカラオケでの歌唱力を高める効果に期待できます。
リップロールを極めることで、歌を上手に歌うための基礎能力を育むことができるでしょう。
そこでこちらでは、リップロールの特徴ややり方について解説します。

リップロールとは?

リップロールとは、息(声)を吐きながら唇をぶるぶると震わせて呼吸や音程をコントロールするボイトレです。
基本的に唇を震わせて音を出す練習方法なので、家にいながらでも簡単にはじめられます。
リップロールはまるで子供の遊びのように見えますが、歌のプロも実践している本格的なボイトレです。
普段からリップロールで歌うための筋肉を鍛えておけば、カラオケでも上手に歌えるようになるでしょう。

リップロールの効果

リップロールをボイトレとして取り入れると、さまざまな効果に期待できるようになります。
例えば以下のようなボイトレ効果を得ることにつながるので、まずはそのポイントをチェックしてみましょう。

声帯のみを動かすので音程を取る基礎トレーニングになる

リップロールは口や唇の形を使わずに、声帯のみで音程を作る練習になります。
そのため音程を取るための基礎トレーニングとなり、結果的に歌の最中に安定してピッチを取れるようになるでしょう。
リップロールの最中に音程を上げ下げすることができれば、より声帯を動かす技術が磨かれるため、音程のコントロールがしやすくなります。
「音を外さずにカラオケで歌えるようになりたい」といった場合には、リップロールを重点的に練習してみるといいでしょう。

息のコントロールができるようになる

リップロールは、息のコントロールが上手にできるようになるというメリットもあります。
一般的に、リップロールができているときの状態は、最適な息の量を吐けていると考えることができます。
基本的に吐き出す息の量が多すぎても少なすぎても、唇を上手く振動させることはできません。
つまりリップロールができるようになることが、自分の息のコントロール技術を磨くことになるのです。
自分にとってちょうど良い息の量を知るためにも、リップロールを練習することには大きなメリットがあります。

口や喉の力を抜いてウォーミングアップにつなげられる

リップロールは単純なボイトレだけではなく、歌う前のウォーミングアップにもなります。
口や喉の力を抜く効果があるため、無駄な緊張を体から取り除いてリラックスした状態で歌うことができるのです。
日常的なボイトレとしてリップロールを行うのと同時に、本番のカラオケで歌う前にリップロールを実践し、ウォーミングアップ効果を得ることも意識してみましょう。

リップロールのやり方

リップロールのやり方は、基本的に以下のようになっています。

①唇を閉じたまま吸い込んだ息を優しく吐き出す
②唇を震わせて、プルプルと音を出す
③慣れてきたら唇を震わせたまま同時に声を出す
④音程を入れて歌を歌うように唇を震わせる

まずは唇を一定の強さで震わせられるように練習し、それから少しずつ声を出したり音程を上下させたりして自由に音をコントロールします。

リップロールのコツについて

リップロールが上手くできないときには、コツを理解してから再チャレンジすることがおすすめです。
以下を参考にコツを把握し、リップロールの練習を効率化してみましょう。

唇は優しめに閉じる

リップロールを行う際には、唇をなるべく優しめに閉じるのがコツです。
唇に力が入っていると無駄に大量の息が必要になったり、唇が固くなって上手く震えなくなったりします。
つい唇に力が入ってしまうときには、指で口の端を持ち上げながら息を吐くようにすると、上手に息を吐き出す練習になるので試してみましょう。

口角を上げて口の周辺をリラックスさせる

リップロールでカラオケ上達を目指すのなら、口角を上げて口の周辺をリラックスさせることもポイントです。
口角が上がると自然と筋肉の緊張がほぐれるので、よりリップロールがしやすくなります。
こちらも指を使って口の周辺を持ち上げると、硬直が溶けて口周りの筋肉にリラックス効果を与えられるでしょう。

リップロールをするときの注意点

リップロールのボイトレをするときには、いくつか注意しておきたい点があります。
以下を参考にして、よりリップロールが上手にできるように備えましょう。

無理に吐き出す息の量を増やさない

リップロールを行うときには、無理に吐き出す息の量を増やさないように注意しましょう。
あくまで自然な息遣いで唇を揺らし、音程や息の量を調整するのが重要です。
息の量を増やせば唇は震えやすくなりますが、息が続かなくなったり音程が取りづらくなったりとデメリットが多くなります。
変な癖がつけば余計にカラオケで歌いづらくなる可能性もあるので、無理をせずに自然体でリップロールをするように意識しましょう。

毎日練習して感覚をつかむ

リップロールは個人の感覚が重要になる面があるので、毎日練習して上手く唇を震わせられる状態を忘れないようにしましょう。
リップロールをしばらくやらないでいると、唇を震わせる息の量が分からなくなったり、声帯のコントロールが難しくなったりします。
せっかく覚えたリップロールの技術が失われてしまうので、なるべく定期的にボイトレをして体に感覚を染み込ませるようにしましょう。

まとめ

リップロールは家のなかだけでも簡単にできるボイトレでありながら、高い効果に期待できると注目を集めています。
歌う前のウォーミングアップにもなることから長く付き合うことになるので、早めにリップロールの基本を抑えてマスターしておきましょう。

リップロールを上手く行えないときには、ボーカルレッスン教室などの専門スクールに通うこともおすすめです。
プロ講師にリップロールのやり方のほか、カラオケ上達に役立つボイトレを教えてもらえれば、効率良くスキルアップしていけます。
この機会にボーカルレッスン教室の詳細をチェックし、自宅以外でもリップロールの練習を試してみてはいかがでしょうか。

無料体験レッスンのお申込みはコチラ!フリーダイヤル0120-545-658

LINE@体験予約受付中!

キャンペーン実施中
当校生徒がアニメ映画パンドラとアクビ主演!
在校生がSony Muisicよりデビュー!秋元康プロデュース!
オンラインレッスンがスタート!自宅でアバロンのレッスンが受けられる。無料体験レッスン受付中♪

全国の校舎一覧ー School ー

東北エリア

東北エリア

九州エリア

九州エリア

東海エリア

東海エリア

オンラインになりました

  • TikTok

Amazon音楽書ボイストレーニング部門で1位を獲得した「魔法のボイストレーニング」が評判です。
また、マンツーマンレッスンで丁寧な指導が人気です。
そして、レコーディング機材が充実しているので、デモCDが作れますし、iTunesへの 配信やCD制作も可能です。