歌手になるにはいつから目指すのが良い?中学生?高校生?

  • TikTok
無料体験レッスンのお申込み フリーダイヤル 0120-545-658 お問い合わせは10:30–21:00

歌手になるにはいつから目指すのが良い?中学生?高校生?

歌手になるには、いつから本格的に目指しはじめるのが適正なのでしょうか。
実は中学生や高校生からでも、歌手になるための具体的な行動を起こすことができます。
むしろ大人になってからよりも、中学生や高校生のうちからアクションをはじめることで、
歌手になる可能性を高めることができるでしょう。
こちらでは、中学生・高校生から歌手になるために何ができるのか、何をすべきなのかについて解説します。

歌手になるには中学生からが良い?

歌手になるには中学生からでもできることがあります。
中学生という環境だからこそ力を入れられることがたくさんあるので、やるべきことやできることを理解していれば、将来に役立つスキルを習得できるでしょう。
以下からは、中学生から歌手になるためにできることを解説します。

ライブやレッスン教室などで早くから経験を積める

中学生は資金的や時間的な問題から、歌手になるための自由な音楽活動が難しいと考えられます。
それでもバンドを組んでのライブ活動や、ボーカルレッスン教室で指導を受けるなどの行動は取れるので、積極的に音楽に関する経験を積んでいくことがポイントです。
先輩から楽器やボーカルの技術を学んだり、楽器を譲り受けたりして、環境を整えることも考えられます。
そういった音楽活動のためにも、親の了承や資金面での協力が欠かせないので、まずは自分が本気で歌手になりたいことを伝えてみましょう。

楽器や作曲などに挑戦することも可能

歌手になるには中学生のうちから、楽器の演奏や作曲などさまざまなことに挑戦しておくことも大切です。
今はスマホアプリなどでも簡単な楽器演奏や作曲が体験できるものがたくさんあるので、意外と簡単に音楽に触れる機会があります。
中学生のうちから楽器や作曲、楽譜の読み方など音楽に関するスキルがあると、将来歌手を目指す際に役立つでしょう。
中学時代からできることを探して、将来への投資を行っておくことがおすすめです。

歌手になるには高校生からが良い?

高校生になると、バイトや部活など中学時代よりもできることが増えます。
そのため歌手を目指すためにできることが多くなるので、積極的な行動が理想の未来を作ることにつながるでしょう。
以下からは、歌手になるために高校生からできることを解説します。

オーディションへの挑戦などできることが増える

高校生になると、歌手オーディションへの参加などできることが増えていきます。
自分を披露する機会が増えるため、プロの音楽関係の人たちと接触する機会も増加し、デビューにつながるチャンスが訪れやすくなるでしょう。
積極的に高校生を対象とした歌手オーディションへの応募、音楽関係イベントへの参加、スタジオでのライブ活動など、高校生だから可能になったことに挑戦していくのがポイントです。

セルフプロデュースなどをはじめることも可能

高校生になると、セルフプロデュースを行うことも視野に入ってきます。
SNSや動画投稿サイトを活用して、自分の歌声や曲を発信していくことが、結果的に歌手デビューにつながることがあるのです。
中学生時代から練習を重ねてきた場合には、既に歌手としてそれなりの実力を備えていることもあるでしょう。
そういったスキルを披露できる場がインターネットにはたくさんあるので、普段から自己PRを重ねていくといいでしょう。

注意点としては、セルフプロデュースは自己責任を伴います。
ちょっとした発言や行為が炎上してしまうこともあるため、高校生だからこそ節度のある態度で自己PRを行っていきましょう。

中学生・高校生のどちらからはじめるのが良いの?

結論から言って、「中学生と高校生のどちらから歌手を目指す方が良いのか」という問いには、「どちらでも構わないという」回答が与えられます。
中学生でも高校生でも、歌手を目指すことは可能です。
そしてどちらの場合でも、歌手になるためには大変な努力が必要となります。
中学生でも高校生でも、「歌手になりたい」と本気で思えたタイミングを大切にして、そのときにできることをしっかりとやり遂げるようにしましょう。

中学生・高校生のうちから歌手を目指すためにやっておきたいこと

中学生・高校生のうちから歌手を目指すのなら、ぜひやっておいてほしいことがあります。
以下を参考に、どんな準備が必要なのかをチェックしてみてください。

自分に向いている歌い方や楽曲を分析する

中学生や高校生のうちに、自分に向いている歌い方や楽曲を分析しておくことは大切です。
歌が上手いというスキルは歌手になるのに重要なものですが、それだけでは歌手として認められるのは難しいでしょう。
自分だけのオリジナリティを発揮できるように、向き不向きはなるべくはっきりとさせ、長所を伸ばしていくことを意識してみてください。

卒業後の進路も考えておく

中学生や高校生から歌手を目指す場合でも、その後の進路はしっかりと考えておくべきです。
大学や社会人からでも歌手を目指すことはできるので、進学先を考えておくことで歌手という夢を追い続けることができます。
中学生や高校生のその先まで考えて計画しておくことが、歌手デビューのチャンスをつかむきっかけになるかもしれません。

まとめ

歌手になるには、中学生や高校生時代からの行動が大きく影響することがあります。
中学生や高校生時代に行ってきた努力が実を結ぶことで、歌手としての才能が開花する可能性もあるでしょう。
歌手を目指すのであれば、「中学生・高校生だからまだ早い」と考えるのではなく、今のうちからできることを積極的に探していくことがおすすめです。
例えば中学生や高校生であっても、ボーカルレッスン教室などに通って歌唱力を鍛えることはできます。
デビューに向けたアドバイスを得ることもできるので、専門の歌手養成施設を活用することも検討してみてください。

無料体験レッスンのお申込みはコチラ!フリーダイヤル0120-545-658

LINE@体験予約受付中!

キャンペーン実施中
当校生徒がアニメ映画パンドラとアクビ主演!
在校生がSony Muisicよりデビュー!秋元康プロデュース!
オンラインレッスンがスタート!自宅でアバロンのレッスンが受けられる。無料体験レッスン受付中♪

全国の校舎一覧ー School ー

東北エリア

東北エリア

九州エリア

九州エリア

東海エリア

東海エリア

オンラインになりました

  • TikTok

Amazon音楽書ボイストレーニング部門で1位を獲得した「魔法のボイストレーニング」が評判です。
また、マンツーマンレッスンで丁寧な指導が人気です。
そして、レコーディング機材が充実しているので、デモCDが作れますし、iTunesへの 配信やCD制作も可能です。