カラオケが上達しない人がやっている【3つの間違い】

  • TikTok
無料体験レッスンのお申込み フリーダイヤル 0120-545-658 お問い合わせは10:30–21:00

カラオケが上達しない人がやっている【3つの間違い】

「カラオケの練習を続けているけど、なかなか上達しなくて悩んでいる」という人は、間違ったやり方をしている可能性があります。
練習方法を間違えてしまうとカラオケが上達しないだけでなく、
余計な癖がついて修正するのに時間がかかってしまうこともあるでしょう。
そこでこちらでは、カラオケが上達しない人がやりがちな「3つの間違い」について解説します。
カラオケの練習中に壁にぶつかったときには、こちらを参考に普段のやり方を見直してみてください。

カラオケが上達しない人がやっている3つの間違い

カラオケの上達が実感できない場合、知らないうちに間違った方法で練習をしている可能性があります。
ありがちな3つの間違いをまとめましたので、自分のやり方が当てはまってしまわないかチェックしてみましょう。

「なんとなく」で歌っている

具体的な目標がないまま「なんとなく」歌っているだけでは、カラオケの上達を実現することは難しいです。
カラオケの上達は歌った回数や時間ではなく、目標に向かって適切な練習ができるかどうかが影響します。
「歌手の〇〇みたいに歌いたいから声を安定させる」「〇〇の歌を上手になりたいから自分に足りない部分を見つける」といった形で、目標とそれを実現させる方法を結びつけるのが重要なのです。
「なんとなく毎日歌っているだけ」という状態になっている場合には、今一度自分がカラオケを上達したい理由を考えてみてください。

歌を聴き返す習慣を身につけていない

自分が歌った歌を録音して聴き返す習慣がない人も、カラオケ上達を目指す場合には間違った形になっていると言えます。
録音した歌を聴くことは、自分のミスや苦手な部分を客観的に把握し、修正を加えるための重要テクニックです。
普段から細かな点を意識しながら歌うことにもつながるので、カラオケでの上達を目指す際には欠かせない手法になるでしょう。

歌っている最中に聴こえている声と、実際に他人に聴こえている声は違うため、録音することで本当の自分の声を理解することができます。
自分の声を知ることは、自分に合っている曲やミュージシャンを見つけるきっかけにもなります。
よりカラオケで上手く聴こえやすい曲を選べるようにもなるので、自己分析のためにも歌の録音と聴き返す習慣は大切です。

聴き慣れないうちは自分の声に違和感を覚えることも多いので、何度も聴くことに抵抗があるかもしれません。
しかし、歌を聴き返して分析することはカラオケ上達の基本になるため、意識して習慣化を目指すことがおすすめです。

歌が上手くなるための基本的なポイントを無視している

歌が上手くなる基本をきちんと踏まえた上で練習していないことも、カラオケの上達につながらない原因になり得ます。
カラオケの上達を実現するには、歌うときの姿勢や呼吸方法といった基本を正しく実践することが大切です。
基本的な要素を無視したままでは、どれだけ歌い続けてもスムーズに上達することは難しくなるでしょう。

カラオケの上達を目指すのなら、歌うときにはどんな姿勢が望ましいのか、どんな呼吸方法が理想なのかといった情報をチェックして勉強することがポイントです。
ネットや書籍を参考にして、カラオケが上達するためのコツを知ることから始めてみましょう。

カラオケの上達を実現するために大切なこととは?

カラオケの上達を実現したいのなら、上記のような間違いを正していく必要があります。
そのためのコツを解説しますので、この機会に合わせてチェックしてみましょう。

こだわりを捨てる

カラオケ上達を目指すときには、自分のこだわりを捨てて練習に励むのがポイントです。
歌うことに関するこだわりが強すぎると、間違った方法をなかなか直すことができず、そのまま「間違った自己流」を続けてしまうことにもなりかねません。
練習方法を間違えてしまうことは誰にでもあることなので、その後修正できれば何も問題はありません。
しかし、こだわりに固執して間違いを正せないと、なかなかカラオケが上手くなるという目標が達成できなくなります。

スムーズな上達を目指すのなら、素直に効果があるとされる歌い方やボイトレ方法を取り入れて、自分のスキルを高めることに利用していきましょう。

客観的に評価してくれる人を見つける

客観的に自分の歌を評価してくれる人がいると、カラオケが上達しやすくなります。
歌に対する率直な意見をもらえれば、自分では気づけなかった修正点や歌い方の癖を把握することも可能です。
友人や家族など身近な人たちに聴かせたり、動画配信サイトに歌をアップしたりして、評価される環境を作ってみましょう。

人に聴かせることに慣れると自分の歌に自信がつけられるので、カラオケでも堂々と歌えるようになります。
恥ずかしくて声が小さくなってしまうなど、精神的な面で悩んでいる人は特に誰かに聴かせることを意識してみましょう。

ボイトレスクールなど専門の環境を活用する

カラオケの上達を本格的に目指すのなら、専門的な環境が整えられているボイトレスクールを利用することもポイントです。
多くのボイトレスクールには、カラオケが上手くなるためのコツを把握しているプロ講師や、自分の歌を鮮明な形で録音できるレコーディング機器などが備えられています。
間違った練習方法を直してもらうことはもちろん、より高度なスキルを学ぶこともできるので、1度近くのボイトレスクールでプロによる指導を体験してみることもおすすめです。

まとめ

カラオケの上達を志すのなら、正しい方法・環境での練習が重要です。
自分でも気づかないうちに練習方法を間違えてしまうことはよくあることなので、この機会に普段のやり方を見直して、カラオケが上手くなるためにできることをもう1度チェックしてみてください。

無料体験レッスンのお申込みはコチラ!フリーダイヤル0120-545-658

LINE@体験予約受付中!

キャンペーン実施中
当校生徒がアニメ映画パンドラとアクビ主演!
在校生がSony Muisicよりデビュー!秋元康プロデュース!
オンラインレッスンがスタート!自宅でアバロンのレッスンが受けられる。無料体験レッスン受付中♪

全国の校舎一覧ー School ー

  • TikTok

Amazon音楽書ボイストレーニング部門で1位を獲得した「魔法のボイストレーニング」が評判です。
また、マンツーマンレッスンで丁寧な指導が人気です。
そして、レコーディング機材が充実しているので、デモCDが作れますし、iTunesへの 配信やCD制作も可能です。