【ミュージシャンは稼げない?】2021年最新ミュージシャンの年収は?

  • TikTok
無料体験レッスンのお申込み フリーダイヤル 0120-545-658 お問い合わせは10:30–21:00

【ミュージシャンは稼げない?】2021年最新ミュージシャンの年収は?

歌や演奏でさまざまな感動を作り上げるミュージシャンという仕事は、今でも多くの人にとっての憧れとなっています。
ミュージシャンを目指して日々ボイストレーニングや作曲を重ねて、
いつか表舞台に立つことを夢見ている人も多いのではないでしょうか。

そんなミュージシャンという仕事を目指す際に、ひとつの問題となっているのが年収です。
年収という現実的な問題が気になってしまい、ミュージシャンを目指すことを躊躇してしまうこともあるでしょう。
そこでこちらでは、ミュージシャンの年収事情の解説と、稼ぐためのポイントを紹介します。

ミュージシャンの年収とは?

ミュージシャンの年収は、個人の活躍によって大きく変わります。
例えばアメリカの経済誌「Forbes」の「世界で最も稼ぐミュージシャン(2019年)」によると、日本でも人気の女性シンガーであるテイラー・スイフトは1億8,500万ドル(約201億円)の年収を獲得しています。
その一方で、イギリスのミュージシャン支援団体「The Ivors Academy」によると、2019年にストリーミングの音楽配信で200ポンド(約2万8000円)以上稼ぐことができたミュージシャンは、所属メンバーの18%にしかならなかったという調査結果があります。
この調査の回答者の43%が「音楽だけで生計を立てられない」としていることから、ミュージシャンにはかなり厳しい現実が待っていると言えるでしょう。

2021年の日本国内においても、基本的にミュージシャンの年収は個人の活躍次第となっています。
テレビで演奏できるレベルであれば数百〜数千万クラスも考えられますが、活躍できる場所が少なければその分年収は落ち込んでしまうでしょう。

2021年からミュージシャンを目指しても稼げないのか?

結論から言えば、ミュージシャンとして稼いでいくことは可能です。
むしろ音楽業界の現状を理解して上手く立ち回ることができれば、安定した年収を確立できる可能性もあるでしょう。
以下からは、ミュージシャンとして稼ぐためのポイントを紹介します。

現代のミュージシャンは稼ぐ手段が多い

現代はスマホやインターネット環境の普及によって、ミュージシャンとして稼ぐ手段が増えています。
例えば以下のような方法が、ミュージシャンの収入を支える柱となっています。

・CDの売上
・ライブのギャラ
・グッズ販売
・スタジオミュージシャンとしての活動
・YouTubeでの広告収入
・音楽講師
・楽曲の作成、提供
など

このように多数の収入源が考えられるため、自分の得意な働き方を見つけることができればミュージシャンとしての安定した年収を確保することも可能なのです。

重要なのはミュージシャンとしての実力をつけること

ミュージシャンは稼ぐ手段がたくさんあるといっても、誰でも簡単に収入を得られるようになるわけではありません。
稼げるミュージシャンになるために重要となるのは、基本的な「実力」です。
歌を上手に歌える、独創性な演奏ができる、オリジナル楽曲を作れるといった形で実力を発揮できれば、それが評価や実績となって将来的な年収を確立することにつながります。

ミュージシャンをはじめとした芸術分野では、売れるために「運」の要素も必要です。
しかし、仮に運よく何かのきっかけで注目されるようになっても、実力がなければ固定ファンを作ることができず、結果的に人が離れていってしまうでしょう。
ミュージシャンとして活躍し、年収をアップさせるには、特に実力が必要であることを意識するのがポイントです。

ミュージシャンとしての実力をつける方法とは?

では、ミュージシャンとして実力をつけるにはどうすればいいのでしょうか。
基本的な練習はもちろん必要ですが、それ以外にもミュージシャンとして心得ておきたいポイントがいくつかあります。
以下を参考に、ミュージシャンとしての実力をつける方法を考えてみましょう。

積極的に自分を発表していく

ミュージシャンとして実力をつけるためには、積極的に自分の歌や作品を発表していくことが大切です。
今の自分を発表して周囲から評価をしてもらうことで、持ち味や足りないスキルを把握しやすくなります。
客観的に自分を見つめるきっかけを作る作ることが、実力をつけることにつながるでしょう。

ミュージシャンの発表の場は幅広く、リアルなライブやイベントで歌ったり演奏したりするほか、動画配信サイトを使った発信も考えられます。
YouTubeやニコニコ動画などを上手に使って自分を発信していくことも、これからのミュージシャンには重要な手段となるでしょう。

専門的なスキルを学べる音楽スクールに通う

専門的なスキルを学べる音楽スクールやボーカルレッスン教室の活用も、ミュージシャンとして実力をつける近道になり得ます。
多くの音楽スクールやボーカルレッスン教室では、プロとして活躍した経験を持つ講師による授業が受けられます。
楽器の演奏方法や歌い方をプロによる指導の下で練習していけるので、効率良く実力アップを目指すことが可能です。
音楽業界に詳しい講師と接することになるので、実際にミュージシャンとして働くためのコツや注意点を教えてもらったり、年収に関するリアルな事情を知れたりする可能性もあるでしょう。

音楽スクールやボーカルレッスン教室には、プロデビューをサポートする専用の受講コースが設けられていることもあります。
例えば「アバロン ミュージックスクール」は、「プロデビューサポートコース」でデモテープの作成やライブ出演などによる支援を行っています。
プロのミュージシャンになるための道筋が明確にされるので、本気でデビューを目指すときには音楽スクールやボーカルレッスン教室の利用もひとつの選択肢になるでしょう。

まとめ

ミュージシャンの年収は幅広く、一概に平均を算出することはできません。
本人の実力と立ち回り次第で年収をアップさせることは可能なので、この機会に稼ぐ手段とポイントを確認し、ミュージシャンとしての具体的な活動方法をシミュレートしてみてはいかがでしょうか。

無料体験レッスンのお申込みはコチラ!フリーダイヤル0120-545-658

LINE@体験予約受付中!

キャンペーン実施中
当校生徒がアニメ映画パンドラとアクビ主演!
在校生がSony Muisicよりデビュー!秋元康プロデュース!
オンラインレッスンがスタート!自宅でアバロンのレッスンが受けられる。無料体験レッスン受付中♪

全国の校舎一覧ー School ー

東北エリア

東北エリア

九州エリア

九州エリア

東海エリア

東海エリア

オンラインになりました

  • TikTok

Amazon音楽書ボイストレーニング部門で1位を獲得した「魔法のボイストレーニング」が評判です。
また、マンツーマンレッスンで丁寧な指導が人気です。
そして、レコーディング機材が充実しているので、デモCDが作れますし、iTunesへの 配信やCD制作も可能です。